HOMEHistory2nd Generation

2nd Generation 2004-2009 Lock On - Modern Air Combat Lock on - Flaiming Cliffs

 使用ソフトはFlanker2.XからLock On Modern Air Combat(LOMAC)へと更新されました。グラフィックの改善と嬉しいことに旋回時のラグの問題は解消されていました。
 KATANAはその当時でも4機編成のSU-27にT-2ブルーインパルスのテクスチャで活動していました。Virtual Blue Impulseを名乗るにはまだ姿形も展示内容も中途半端な感を拭えない時期でした。

世界ではVFATが開催され、フラシムアクロが一つのジャンルとして確立されてきている中、4機編成のKATANAでも“ブルーインパルス”と銘打つためにコツコツと4機課目、6機課目およびソロ課目の飛行諸元とプロシージャーターンを作り上げていました。
そんな中、2007年にPeercastによる初の公式飛行展示イベントを実行することができました。

#1Tink,#2FBevo,#3Gunblade,#4xxx,#Narrator Chuckの構成で行われた展示イベントは、それぞれに細かいミスはあったものの成功させることができました。
これにより展示飛行イベントを実施するという設立時の目標を7年がかりで達成することができました。

 2008年、TRだったChuck、SkylarkのOR昇格によりついに6機編成となり、ブルーインパルスの第一区分を実施可能となったことでVirtual Blue Impulse-KATANAとして国内展示飛行、そしてVFAT08への出場へと続いていきました。
2009年6月にはPSV(Patrouille Suisse Virtual)が中心となって行ったフランス空軍TOUR705基地における航空祭とバーチャルアクロのコラボ企画に参加することもできました。

このページのトップへ