HOMEHistory1st Generation

1st Generation 2000-2003 Flanker2.0 - Flanker2.51

Virtual Blue ImpulseがVirtual Aerobatic Team KATANAとして活動を開始したの2000年の出来事でした。設立当初は4機編成で開始され、Tink Aero,Arty.nakaが主なメンバーでした。
後期ではTink,Aero,Grizzly,Zeke,AoによりKATANA初のムービーを2003年に公開するに至りました。

Flanker2.Xのマルチプレイのラグは非常に少なく、当時の他のフライトシムと比べると驚異的な精度でマルチプレイ時のホスト・クライアント機の位置を正確に表示させることができていました。
このマルチプレイの精度があったからこそアクロをやってみよう!という流れになったと記憶しています。

しかし、それでも密集編隊を組むとFlanker2.Xでも旋回時の機体位置関係がずれて表示される仕様に気付きとても苦労したのを覚えています。直線で水平飛行している分には問題無いのですが、
旋回内側の機体は外側にずれて表示されるため外側の機体に接触判定となり、旋回するたびに盛大な花火が上がったものです。この頃は無事故trkをどのようにして成し遂げるか、が課題でありました。
しかしこうやって花火を打ち上げながら直線に1年、旋回に1年、課目作りに1年かけ、2003年の11月にムービーを公開できた時はとても感激しました。

このページのトップへ